文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
病院のご案内

平成29年度 村山医療センター 病院指標


DPCとは

DPC制度(DPC/PDPS)とは「Diagnosis Procedure Combination / Per-Diem Payment System」の略です。これは、WHO(世界保健機関)が定めた国際疾病分類ICD-10(ICD:International Classification of Disease、疾病および関連保健問題の国際統計分類第10回修正)に基づいて厚生労働省が定めた診断群分類(DPC)を使用した定額払い制度のことです。

集計対象
平成29年4月~平成30年3月までの退院患者

除外対象
・入院した後24時間以内に死亡した患者
・臓器移植を行った患者
・歯科診療のみの患者
・労災、交通事故等の患者(医療保険を使用していない患者)

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)
1.年齢階級別退院患者数
2.診断群分類別患者数
3.初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
5.脳梗塞のICD10別患者数等
6.診療科別主要別患者数等(診療科別患者数上位10位まで)

年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数  0 34 45 92 198 289 692 1031 464 30

定義
①平成29年4月~平成30年3月31日に退院した患者様の集計を対象としております。
②入院した時点の年齢で集計しております。
③10歳刻みの年齢階層別に集計しております。
④年齢階級は90歳以上を1つの階級としております。

解説
当院では、小児からご高齢者の方まで、幅広い年齢層の患者様を診療しております。
70歳代が全体の35%を占めており、60歳代以上は全体の77%となっております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) 

当院は平成29年度はDPC準備病院であったため、集計が不能であり掲載しておりません。

初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数 

該当する患者数が10件未満のため、掲載しておりません。

成人市中肺炎の重症度別患者数等 

該当する患者数が10件未満のため、掲載しておりません。

脳梗塞のICD10別患者数等 ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 59 100.6 72.3 15.30%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患、詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

近隣の急性期病院から回復期病棟へ数多く受け入れております。脳梗塞の疾患は、アテローム血栓性脳梗塞が14件、心源性脳梗塞12件、塞栓性脳梗塞10件が主に占めており、年齢も72歳と高齢者の患者が増えており、個々にあったリハビリを行っております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位10位まで) ファイルをダウンロード

診療科名: 整形外科 診療科コード: 120

Kコード   患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用 パス
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 237 3.80 19.5 1.7% 71.1  
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 183 4.2 31.9 0.0% 68.1  
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 148 3.7 16.6 1.4% 55.1  
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 145 5.4 32.1 2.8% 68.6  
K0821 人工関節置換術(股) 121 3.7 32.1 0.0% 66.9  
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 70 10.1 68.8 10.0% 68.4  
K0821 人工関節置換術(膝) 58 3.5 42.6 1.7% 73.9  
K142-21 脊椎側彎症(固定術) 42 10.2 38.9 4.8% 39.1  
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 40 19.6 66.7 12.5% 64.6  
K1911 脊髄腫瘍摘出術(髄外) 17 5.9 35.4 0.0% 61.4  

当院では、脊椎疾患の件数が多く、腰部脊柱管狭窄症をはじめ、腰椎椎間板ヘルニアや側弯症などの患者に対し低侵襲集術を数多く行っております。脊椎の良性腫瘍に対し手術も行っています。また、膝関節および股関節に対し、集約的な治療の実践と人工関節置換術後の継続的な診療を行っております。

診療科名: 外科 診療科コード: 110

Kコード   患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用 パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 14 2.9 3.7 0.0% 72.6  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 11 11.2 27 0.0% 64.3  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・切除術(長径2Cm未満) 9 2.6 1.9 0.0% 74  
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) - - - - -  
K537-2 腹腔鏡下食道裂肛ヘルニア手術 - - - - -  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) - - - - -  
K7322 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う) - - - - -  
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -  
K537-2 腹腔鏡下食道裂肛ヘルニア手術 - - - - -  
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) - - - - -  

消化管全域や一般外科領域の疾患に対し、腹腔鏡を用いた低侵襲性外科治療を心掛け行っております。大腸ポリープに対し、内視鏡を用いて切除を行っております。また、高齢の患者様が多い鼠径ヘルニアの発生率も高いため、腹腔鏡を用いた後方アプローチの「TEP法」を積極的に行っております。術後の癒着が少なく、腸閉塞などの合併症が起こりにくいため、早期に退院することができます。5月より非常勤として女性医師も増え、乳腺外来を行うことになり、乳がん検査を行っております。

更新履歴

平成30年9月30日 平成29年度  DPCデータに基づく病院情報の公表を掲載しました。


独立行政法人国立病院機構 村山医療センター 東京都武蔵村山市学園2-37-1

Copyright 2014 Murayama Medical Center ALL RIGHTS RESERVED.