村山医療センター
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

  • 手術部長・外科部長
  • 大石 英人(おおいし ひでと)
  • 1987年医師免許取得
    日本外科学会専門医・指導医
    日本救急医学会 専門医
    日本内視鏡外科学会 技術認定指導医、
    日本消化器外科学会 認定医
    日本がん治療認定医機構 暫定教育医  
    日本静脈経腸栄養学会 認定医、指導医

コメント

この度、平成30年4月1日付けで手術部長を拝命いたしました。私は昭和62年に医師免許を取得して以来、一般外科医としての診療に従事しております。一般外科と呼ばれる分野は、虫垂炎や痔核およびヘルニアにはじまり、胃や大腸などの消化管における良性および悪性消化器疾患、乳腺、腹部救急までの幅広い範囲を担当する科であり、平たく言いますと頭と心臓と筋骨格系を除いてその他の部位を診る科という解釈にもなります。私は特に低侵襲性外科治療Minimally Invasive Surgery(MIS)をモットーに、日本内視鏡外科学会の技術認定指導医として、腹腔鏡を用いた内視鏡外科治療を村山医療センターに定着させ、外科の分野を発展させて行ければと考えております。

外科治療はチームプレーが基本ですが、特に腹腔鏡手術では一人だけの技術が卓越していても、その施設における医療レベルを向上させることは難しいのが現状です。村山医療センターに入職させていただいてから、同僚の飯野高之先生と共に、手術室のコメディカルも含めたチームビルディングセミナーをすでに2回開催いたしました。少しでも、村山医療センターの方々に腹腔鏡手術を知っていただき、また興味を持っていただいて、病院全体でのレベルアップを図り、村山医療センターにおける外科治療を発展させることによって、地域医療において少しでも貢献できればと考えております。

村山医療センターは整形外科の分野では、すでに国内屈指の病院ですが、この度当院で一般外科、特に腹腔鏡外科を立ち上げるに当たり、まず発生頻度の高い疾患に対する丁寧かつ確実な診療によって、地域医療に根ざすと共に、前述の様なMISやNST活動および各種施設認定の獲得や、若手医師の育成やコメディカルの方々の教育および個人資格獲得にも尽力し、チーム医療としての外科診療レベルの向上をはかりたいと考えておりますので、ご理解とご協力を賜りたく存じます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

関連リンク

研究論文等


学位論文

  • 腸管蠕動から見た大腸憩室症の発生に関する研究

    平成3年    放射線不透過性マーカーを用いた腸管蠕動検査の研究を開始
    平成8年    東京女子医科大学医学博士(乙第1629号)取得

B.低侵襲性外科治療Minimally Invasive Surgery (MIS)に関する研究

  • 1)経皮経食道胃管挿入術Percutaneous Trans-esophageal Gastro-tubing (PTEG/ピーテグ)に関する研究

    平成6年    PTEG考案開発し研究開始
    平成10年  東京女子医科大学第二外科臨床医学研究会最優秀論文賞受賞
    平成14年  日本PTEG研究会設立
    第1回日本PTEG研究会学術集会開催(女子医大青山病院外科)
    平成15年米国Cleveland Clinic Foundation Dr. Ponskyの教室へ留学
    内視鏡補助下PTEGを考案開発し研究開始
    平成18年   米国消化器内視鏡外科学会(SAGES)でDistinction Award受賞
    平成19年   治験開始
    平成22年  薬事承認取得
    平成22年  C2申請承認(代替点数による保険診療復活を実現)
    平成14年  第9回日本PTEG研究会学術集会開催(女子医大八千代外科)

  • 2) Natural Orifice Transluminal Endoscopic Surgery (NOTES)に関する研究
  • 3) ICG蛍光法の鏡視下手術への応用に関する研究
  • 4) 単孔式腹腔鏡下手術 (TANKO)に関する研究
  • 5) 小腸内栄養剤半固形化法に関する研究

コンテンツ

  • 著書 「経皮経食道胃管挿入術 適応から手技・管理の実際まで」監修 亀岡信悟 編集 大石英人 永井書店

整形外科,脊椎,脊髄,脊髄損傷,リハビリ,国立病院機構のナビ

独立行政法人国立病院機構 村山医療センター 東京都武蔵村山市学園2-37-1

Copyright 2014 Murayama Medical Center ALL RIGHTS RESERVED.