村山医療センター
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

女性医師による乳腺外来始まりました

  • 外科 非常勤医師

    外来 毎週水曜日 午前

  • 松岡 あづさ (まつおか あづさ)
  • 2003年医師免許取得
    日本外科学会専門医
    検診マンモグラフィー読影認定医

コメント

5月より、非常勤として診療をさせていただいている平野あづさと申します。 消化器一般や痔核に対する診療だけでなく、乳がん検診も行っています。 乳がんは40歳代でなりやすいがんで、日本でも年々乳がん患者さんが増えています。

乳がんは早期に発見し治療することで、治癒が期待出来るがんです。
そのため自覚症状がまったくない女性でも、2年に1回の検診を受けることが推奨されています。マンモグラフィ検診を受けることで、しこりとして触れる前の早期の乳がんを発見できる可能性があり、乳がんで亡なる方を減らすことができます。しかしながらマンモグラフィ検診を受ける方は、欧米では60~80%に達しますが、日本では30%程度とまだ少ないのが現状です。

当院では、女性の放射線技師がマンモグラフィの撮影を行っています。
マンモグラフィ検診で「異常あり」とされた方は精密検査を受けていただきますが、すべての方が乳がんというわけではありません。マンモグラフィで写ったものが、良性か悪性かを精密検査で調べていきます。
当院、村山医療センターではマンモグラフィに加え超音波検査や、細胞診を行うことも可能です。

また、マンモグラフィによる集団検診のない40歳未満の方も、自己検診をしっかり行うことをおすすめいたします。乳がんを、自己検診で発見し医療機関を受診される方も多くいます。自己検診で、乳房のしこり、乳頭からの分泌液、乳房の痛みがないか月に一度は確認してみてください。

この機会に是非、乳がん検診をうけてみませんか。

 

超音波検査


整形外科,脊椎,脊髄,脊髄損傷,リハビリ,国立病院機構のナビ

独立行政法人国立病院機構 村山医療センター 東京都武蔵村山市学園2-37-1

Copyright 2014 Murayama Medical Center ALL RIGHTS RESERVED.