村山医療センター
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
トピック

村山医療センター 側弯症治療チーム


村山医療センター側弯症治療チーム

村山医療センターでは、私達が小児側弯症の診療を担当しております。みな日本脊椎脊髄病学会によって認定されている脊椎脊髄外科指導医であり、十分な経験と知識に裏付けされた確かな技術を備えています。側弯症の治療は複雑である上、様々な応用問題につねに対応していかなければなりません。また手術になると一人の力では不可能であり、知識と経験が豊富な麻酔科医や、側弯手術に精通している看護師や臨床工学技士をはじめとするコメディカルの力も欠かせません。

チーム医療、専門医がぶつかり合って最善の治療法を見つける

チーム医療の利点としては以下のものがあげられます。

  • ・お互いがカバーするため入院・外来患者さんのフォローが確実に可能である。
  • ・複雑な難症例でも、経験や知識を集結して解決策を導き出すことが可能である。
  • ・チームで対応するため、長時間におよぶ難しい手術でも、集中力を切らさずに対応が可能である。

我々村山医療センターでは、チーム医療の利点を生かし、大人から子供まで様々な脊椎の症例に対応しています。特に小中高校生の女子に多い側弯症治療においては、治療をうける子供だけでなく、身近にいるご家族が治療の趣旨をきちんと理解し、協力していただけることが重要となります。しっかりと丁寧に、そして誰にでもわかりやすい診療を心がけて努力してまいります。

側弯治療チーム外来担当

許斐 恒彦
(月および木曜日担当)
古川 満
(水曜日担当)
矢内 嘉英
(木曜日担当)
大久保 寿樹
(金曜日担当)

お問い合わせ

通常の診療日以外でも、長期休暇に合わせて臨時の外来日を設けていますので、詳しくは整形外科外来までお問い合わせください。
電話番号 042-561-1698または042-561-0965
受付時間:月~金 13:00~17:00

側弯症関連記事

子供の側弯症について

側弯症

 

整形外科,頚髄、脊椎,脊髄,脊髄損傷,スポーツ外傷や事故,亜急性期頚髄損傷に対するiPS細胞移植,急性期頚髄損傷に対するHGF(肝細胞栄養因子)投与

独立行政法人国立病院機構 村山医療センター 東京都武蔵村山市学園2-37-1

Copyright 2014 Murayama Medical Center ALL RIGHTS RESERVED.